吉田の “のうがき”

HOME » 吉田の“のうがき” » Y社長のひとり言 » 

Y社長のひとり言

  • イベントがぎっしりの週末。

    ちょっと天気悪かったですが、あちこち

    走り廻ってチビたちの応援に大忙し。

    hikari

    長女は、なみはやドームで行なわれた体操祭に参加。

    NCCスポーツクラブという新体操のクラブで出場しました。

    チビのくせに化粧するから、どの子がムスメなのかわかりません(笑)

    体操やバレエとか、フィギィアスケートなんかそんな感じですよね。

    近くでは見られないくらいバリバリ化粧濃いです。

    この日も子供たちの目の上がシルバーにヒカリ輝いてましたもん。

    そして次男は、

    keigo

    地域のソフトボール大会に参加。

    背番号23番、結構脚長くないっすか?

    試合には代打で出場するも、あえなく三振!残念~

    まあ写真の構え方見たら、しゃ~ないなぁと

    思えますね。これぞまさに棒立ち。

    手打ちの見本のようなもんですわ(笑)

    ちょっとラウンドワンで特訓が必要やね。

    さて長男はというと・・・

    試験勉強に追われイベント無・・・(涙)

  • ビリケンさんと聞いて通天閣を思い出すのは

    ワタシだけじゃないはず。

    biriken1

    このあいだ、用事で北摂・池田市に行ったときのことですが

    このビリケンさんが座っていました。

    歩いていて何気に通り過ぎたのですが

    待てよ?なんでこんなトコにビリケンさんが?と

    思い直し、Uタ~ンして、案内板をよくよく

    読んで見ると、なんと・なんと!

    biriken2

    ビリケンさんのふるさとは池田市だったんですね。

    知らなかったです。

    ど~でもいいっちゃ、ど~でもいいんやけど(笑)

    どっちかっていったら、ミナミの道頓堀界隈か

    通天閣・恵美須町の生まれって感じの

    ビリケンさんが、北摂出身ってなんか以外じゃないですか?

  • 今日、横浜国際女子マラソンが開催されて
    ましたね。
    中華街の中を走り抜けていましたが
    そんな画像を見るたびに、北京ダックを
    思い出し、美味しかった上海焼きそばや
    いつも5~6個食べてしまうマンゴープリンを
    思い出して、頭の中が中華でいっっぱいに・・・
    よく行く横浜大飯店のバイキングでも十分
    美味しいのに、お高級な店だとどれくらい
    うまいのか?気になって仕方がありません。
    しかしとても敷居が高いし財布は薄いので
    前を通って写真を撮るのが精一杯です。
    mantinrou
    いつの日か・・・行ってみたいですね。
    なんとちっぽけなワタシ(涙)

  • 昨日のお昼時、息子が吉本新喜劇見て

    腹抱えて転げ回っていました。

    『こちら かきくけ公園』という新喜劇。

    ワタシも息子と同じような年頃には

    『あっちこっち丁稚』にハマってましたから

    チビの気持ちはよ~くわかります。

    しかし30年経っても、相変わらず同じような

    ダジャレたネーミングでやってるんですね。

    でも、素朴におもしろい!何回見てもやっぱり新喜劇やな~

    と思ってるのは関西人だけかな?

    yosimoto

    おねーちゃんがいなかったので、次男だけですが

    得意のかぶりモノデス。

  • また1つ肩の荷が降りました。

    遅くなっていた看板取付です。

    フォレストの名に恥じぬようにと、やはり

    木の看板にこだわったのですがこれが

    こだわりすぎて、ちょっとばかりえらいことに。

    kebura-kanban1

     

    こだわったのはベースの板。『ケブラッチョ』というアルゼンチンの木です。

    写真でもわかると思いますが、キレイな赤褐色の板で原木の芯材なんて

    赤鉛筆のような鮮やかさです。タンニンのかたまりのような色。

    quebracho_sinzai

    赤い芯材は腐らないし虫にも食われないしとても長持ちするんです。

    そんでもってとにかく硬質。硬いなんてもんじゃ~あないです。

    こんな硬い木は初めて。ビスもキリもポキポキに折れるし

    表面加工に製材所に持っていっても、刃物が負けるから

    カンニンしてくれって言われるし、もっと困ったのは

    重い!重い!重い!メチャクチャ重い!

    成長の遅い木らしいので、目が詰まって比重が重いんでしょうが

    3枚張り合わせて、壁に固定する計画をしていたので

    初めてこの板を手にしたとき、やばいかも・・・と冷や汗が・・・

    kebura-kanabn2

    大人3人で担ぎ上げて、半日がかりで取付。

    すったもんだしたんですが、出来栄えには大満足してます。

    この板をわけてくれた東京・新木場のY商店の社長さんに感謝。

    そしてこんな板にめぐり合えたことに感謝。

    フォレスト・ハウスの看板として、いつまでも大切に

    使っていきたいと思っています。

  • それは昨日おこなわれたプロ野球日本シリーズ第5戦

    8回裏のジャイアンツの攻撃、『代打 大道』の打席でした。

    試合も終盤に差しかかり、1対0と緊迫したゲーム展開の中

    ひと振りにかける男のすさまじい集中力を感じました。

    間違いなく、そのひと振りがゲームの勝敗の分かれ目だったと

    思います。そのことを理解して、打席に立つ男の鬼気迫る目。

    負けまいと渾身の力をこめて投げこむ日本ハムの林投手。

    瞬きも出来ないくらい釘付けになってしまいました。

    結果はライト前ヒット!で巨人が同点に追いつき

    やはり最終的には逆転で勝利をモノにしました。

    この1本のヒットが生と死の境い目でした。

    oomiti

    走りながら何回も何回もガッツポーズ。

    別に大道選手のファンでもなかったのですが

    この瞬間、40歳のおっちゃんのとりこになってしまいました。

    翌日の新聞にもありましたが『ロッカールームに戻っても

    しばらく興奮して立てなかった』というコメントを聞いて

    かっこいいやら、うらやましいやら ちょっぴり涙腺が

    緩んでしまいました。真剣勝負の斬り合いってこんな感じ

    なんでしょうね。いや~すんごい勝負師を見ました。

    よく頑張ったね40歳!腹出てるけどめっちゃイケてるやん!

    oomiti1

  • sinsyamei-kanabn

    平成21年11月1日から株式会社フォレスト・ハウスの新しい歴史が

    始まります。まだ慣れていないので、なんとなく照れくさいんですが

    皆様にも早く覚えてもらえるように、いろいろな情報やイベントを

    発信していきたいと思っています。そのためにも工事中の

    ホームページを早く立ち上げないと(泣)

  • ~シュバルツバツトの森の家~

    新しいブログがスタートします。
    フォレストハウスという名前ですから
    最初はそのまんま、森の家からはじめます。
    見てるだけだ、深呼吸してしまいそうな
    もみのきの森です。街中に住まいながら
    さもこんな森の中に暮らしているかの
    ような空間って気持ちいいやろなぁ~と
    憧れてしまいます。
    そんな暮らしを提案できる会社でありたいと
    このたび社名変更しました。
    とにかく前向き・ポジティブに頑張ります!

インターネットからのお問い合わせ

〒550-0027 大阪市西区九条3-22-1 株式会社フォレスト・ハウス 健康住宅/自然素材・無垢材の家づくり

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL.06-6581-1212 FAX.06-6584-1519

標準 特大